仮想通貨

仮想通貨(暗号通貨)ビットコインBitcoinとは?の説明が難しくて良く分からない初心者必見!リアルを理解できる簡単な説明を目指しました。

仮想通貨(暗号通貨)ビットコインBitcoinとは?の説明が難しくて良く分からない初心者必見!リアルを理解できる簡単な説明を目指しました。

仮想通貨(暗号通貨)っていうのは、国境を越えた世界共通のお金!

 

キラネコ
キラネコ
 世界中の誰もが何処に居ても使える、万国共通のお金だにゃー! 

この記事を見に来てくださったあなたは仮想通貨初心者の方でしょうか?

 

仮想通貨の世界に入り込んでまだ2年生の私ですが、実は仮想通貨界に入ったきっかけは詐欺コインでした。間違って深く違う方向に潜り込んでしまったんです。

仮想通貨関連の詐欺が横行しているので、特に初心者の方は気をつけて下さいね。
騙されないためにも、自分で調べて勉強していく事が大切だと思います。
って、私が言うのもなんですが( ̄▽ ̄)

↑スルーしていい自己満動画(* ̄ー ̄)

 

話がそれましたが

それにしても、この世界とにかく専門用語が飛び交ってニュースや記事を読んでいても簡単に理解するのが困難です。

私も未だに分からない事が多く、日々どんどん入ってくる新しい情報を消化するもの一苦労(^▽^;)

でもこれって私に限らずで、100%理解せずに仮想通貨(暗号通貨)を雰囲気で楽しんでいる人も多いみたいです。

 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 ホント説明が難しすぎるんだよー!!(TwT)

もっと1年生にも分かる言葉で噛み砕いておくれー! 

 

ここでは初心者の方にもビットコインについて簡単にわかり易く大枠を掴んでもらえるようにまとめてみました。

 


スポンサーリンク

 

ビットコイン(Bitcoin)とは?

世界初の仮想通貨(暗号通貨)で時価総額ランキング1位がビットコイン。

※仮想通貨の市場規模をランキング形式で見ることができるサイト「CryptoCurrency Market Caoitalizations」で確認できます。

仮想通貨市場規模1位のビットコイン

原型を生み出した開発者のサトシさん

「ビットコイン」で検索をかけると必ず出てくる開発者のナカモトサトシと名乗る人物。

サトシ”といえばポケモンだけど、ビットコイナーになればもしやナカモトサトシを思い浮かべる人も多かったりして。
(ビットコイナーとは、ビットコインを保持しリスペクトしている人達のこと)

サトシ-ポケモン

出典:http://anipla.net/curations/191

サトシさんは既に開発からは離れていますが
ナカモトサトシが書いたサトシ論文っていうのがビットコインの始まりです。

↓サトシ論文はネットで見れちゃいますよ。
(クリックすると別ページで開きます)
サトシ論文

 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 サトシさんはもしや日本人? 
じろう先生

かも知れないけど、個人名なのか団体名なのかも分かってはいないよ。オーストラリア人って説もあったりで、人種や年齢も未だにいっさい明らかにはされていないんだよ。

キラネコ
キラネコ
 ミステリアスだにゃ~。 

ビットコインの単位にサトシ

ビットコインには大きい単位(BTC)と小さい単位(satoshi)の二つがあります。
0.00000001BTC=1 Satoshi(サトシ)
と小さい単位は開発者のサトシさんの名前が付けられています。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 日本人が聞くと一瞬ふざけてるのか?と思っっちゃうよね。でもこれ本気です。 

 

ちなみに、

サトシさんは100万BTC(BTC=ビットコイン単位)を保有しているらしいのですが、現在の価値でいうと
執筆時1BTC=$3,700=40万なので、、、4000億円超えです!
どっひゃーーΣ(=д=ノ)ノ

きっとポケモン経済効果をも上回る金額なのかな?

『ビットコイン!GETだぜ!!』と今頃きっとウハウハなんでしょうか。

 

さて、ここで疑問に思うのが・・・

ある一人の人物が開発した通貨ということは、国が発行しているお金(法定通貨)じゃないということ。なので銀行が管理するわけではありません。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 じゃぁ、どうやってビットコインは発行されてるの?

どうやってお金のやり取りができているの? 

 

ビットコインについて調べると、管理している国や組織が存在していなくて非中央集権型がどうのこうの・・・って説明が必ずといっていいほど出てくるんですが、とにかく私はなかなか理解できませんでした。

 

でも、管理している国や組織が存在しなくても多くの人が関わって成り立っているんです。

 


スポンサーリンク

 

ビットコインの非中央集権型って結局どういう状態なの?

私達が普段使っている円や米ドル等は国が発行しているお金(法定通貨)ですが、
仮想通貨は特定の国や組織が発行しているわけではなく
取引を管理している中枢組織が存在しません。(非中央集権型=分散型)

っていう堅苦しいビットコインについての解説・・・

 

じゃぁ、実際どうやって利用することができているの?

ビットコインのソフトウェアビットコイン・コア(Bitcoin core)といわれ、オープンソースで、Githubで公開されています。

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのことです。
引用:https://employment.en-japan.com/tenshoku-daijiten/14887/

githubソースコード管理サービス
キラネコ
キラネコ
 GitHubっていうのは、ソフトウェア開発プロジェクトのためのソースコード管理サービスで、エンジニアにとってはとっても有名な当たり前のサービスらしいにゃん。 

 

オープンなので、世界中のコンピューターネットワーク上のシステムに参加している人同士が監視し合える状態です(非中央集権型=分散型)。

ちなみにソースコードっていうのは英数字が並んだこういうのですね↓

ソースコード

 

オープンに公開されているので、ビットコインネットワークには誰もがアクセスできます。

世界中の有能なエンジニアさん達がビットコインプログラムをより良いものになるように提案して進化させていくことができるってことなんだなと私は理解してます。

 

そして実際にビットコインコアの開発にメインで携わっている人達がいます。

ビットコイン・コアの開発に携わる人たち

ビットコインコア 開発者たち

コア開発者はこの人達だけではないようですが、要はボランティアでビットコインに関わっているようです。

上画像の
Gregoryさん
pieterさん
Lukeさん
mattさん
この4人はカナダにあるBlockstream社(ビットコイン関連技術の研究開発を行う企業)の一員です。

 

また、開発者の中のWladimirさんは2014年にGavinさん後任で現在のリード開発者になっています。

ビットコインコア 開発者 後任のウラジミールさん

もちろんビットコインのプログラム改善は世界中のエンジニアが自由に提案できるのですが、提案したら必ずビットコインのシステムに反映されるということでは無く、実装されるまでには、コア開発者達だけではなくビットコインに関わる貢献者やマイナーらの賛否によって決定されます。

(マイナーについては後述します)

 

改善提案のBIPふぉにゃらら

ビットコインコアの改善提案がBIPといわれるモノです。

BIP○○○

じろう先生

提案だけではなくシステムの決まり事を表しているBIPもあるよ。

 

最近ではBIP148BIP91を良く耳にしますよね。

このBIP内容もGithubでみる事ができます↓
(クリックすると別ページで開きます)

BIP提案の一覧

 

という様にビットコインは全てがオープンです。

 

取引はマイニングによってブロックチェーンに記録される

ビットコインの採掘(マイニング)とは?

マイニングについては例えば取引所bitFlyerさんの解説文↑が長文で深く理解できると思いますが

 

簡単に説明すると・・・

要は、新しいビットコインの取引(トランザクション)台帳(ブロックチェーン)へ追記されていって、
(ブロックチェーンのイメージ↓)

ビットコインのブロックチェーン解説gif

出典:https://www.youtube.com/watch?v=9qfxLo1rt1Q

トランザクション追記の権利を世界中のマイナー(マイニングする人達)が競い合っています。
ネットワーク上に分散保存されている取引台帳のデーターを一つに纏めてより早く正確に記録できたマイナーに報酬としてビットコインが支払われます。

この時の報酬が新規発行のビットコインなのでこれを採掘(マイニング)といいます。

このシステムによって、ビットコインの取引記録が間違いなく記録され健全に利用できる状態が保てるということです。

キラネコ
キラネコ
 コア開発者もそうだけど、マイナーもビットコインが信頼できるシステムであり続けるためには欠かせない存在なんだにゃん。 
じろう先生

ちなみにマイナーの報酬は新規発行のビットコインだけじゃなくて取引手数料からも支払われるようになっていて、1ブロックを掘って12.5BTCが貰えるんだ。 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 12.5BTCってことは今の価値でいうと約1250万円だね∑(゚ロ゚〃)  

 

これがマイニング(mining)だよ!世界一のマイニング企業Bitmainをピックアップ

世界のマイニングマシンの約70%を独占販売している企業が中国に本社を置くBitmainです。

下画像が世界一のマイニング企業Bitmainのマイニング工場。

bitmain社のマイニング工場

出典:https://bitbitecoin.com/archives/3878

BitmainはAntPoolというマイニングプールを運営しています。

(マイニングプールとは、マイニング報酬を共有することに同意した人たち・チームの総称)

AntPoolは2017年8月12日現在、全ブロックの2割以上をマイニングしています。

マイニングプールのシェア率はここ↓で確認できます。
(下画像をクリックすると別ページで開きます)

mining poolのシェアグラフ

出典:https://blockchain.info/ja/pools

 

↓マイニング工場内では大量のマシンが設置されていて

bitmainのマイニング工場内

出典:https://bitbitecoin.com/archives/3878

 

↓このような高性能マイニングマシンがずらーっと並んでいます。
(例:Antminer S9)

bitcoinマイニング機械のantminer s9

これでマイニングが行われてブロックチェーンに取引が追記されていくんです。

キラネコ
キラネコ
 これはBitmainが発売しているマイニングマシンだにゃん。 
じろう先生

このマシンにはASICBoostっていうマイニング効率を上昇させる特許技術をチップに使用しているんだ。

 

多くのマシンを24時間ずーっと稼動させてるのでかなりの電力も必要になってきます。

また、このマイニグ方式をPOW(ルーフ・オブ・ワーク)といいます。

 

ちなみに、↓この人がBitmainのCEOの Jihan Wu(ジハン・ウー)さん。
ビットコインについて調べていればしょっちゅう出てくる社長さんです。

挨拶をするbitmainのCEOジハン・ウー

そして、世界中のマイナーによって、ブロックチェーン上に追記されていくビットコイン利用者の取引(トランザクション)は常に公開されて確認できます。

↓例えば、国内取引所のbitflyerでは世界中のリアルタイムの取引が視覚的に見やすくなっています。
落ちてくる取引にキラキラな音が付いていて耳心地が良いですよ☆
(下のGIFをクリックすると別ページで開きます)

トランザクションを視覚で確認-bitflyer

このように一つのブロックをクリックすると記録された取引がぶわぁーっと出てきて、取引の詳細が確認できます。

(匿名…というか英数字の文字列(アドレス)で取引がされ個人情報が記録されることはありません。

 

P2P(Peer to Peer)な仮想通貨

誰かさんの取引が見れるっていうのは銀行ではあり得ないことですよね。

なので、取引が見れるっていうことは仮想通貨を利用する全ての人が承認者となることができるということです。そのため取引の特定管理者が必要ない、銀行も必要ないということになります。

 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 個人間(Peer to Peer)で世界中の人とお金のやりとりができるのが仮想通貨ビットコインということだね。 

 

例えば、マサイ族たちは既にスマホを持っていることが当たり前だそうで

スマホが普及しているマサイ族
出展:http://www.nikkei.com/article/DGXZZO39222170R00C12A3000000

銀行口座を持っていなくてもネット環境とスマホさえあればマサイ族だってビットコインを利用できちゃうよ!ってことです。

 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 それに、仮想通貨はすごく簡単に送金できるっていうのが魅力だよね。 
キラネコ
キラネコ
 うん。ただ最近のビットコインは送金時間が長くかかったり、手数料をちょっと高く設定しないと早く送金できないって時もあるからね。 
じろう先生

ビットコインの利用者が急増したからだね。

取引を追記できるブロックは10分に1つ作成されて1ブロック1MBの容量では足りなくなっているんだよ。この問題は現在進行形で改善されていく予定だから今後も注目だね。

 

そんなこんなな仮想通貨(暗号通貨)ビットコインですが、、、

プライバシーは大丈夫?

キラネコ
キラネコ
 ここは気になるところだにゃん。 

 

安心して下さい。

取引が公開されているからといって、個人情報まで見れるわけではありません。

また、仮想通貨を使用する際にアドレスが必要となります。 ウォレット(お財布)をPCやスマホ等で作ると英数字で作成されたアドレスが貰えます。

下の画像は私のウォレット(財布)の受信画面に表示された受信アドレスです。QRコードと英数のアドレスがセットで表示されます。

このアドレスは不定期でコロコロ変わっていくのですが、変わる事でプライバシーが守られます。

個人情報が漏れる可能性があるとすれば・・・

例えば、ビットコインを手に入れる場合まずは取引所で口座を開設します。この時に個人情報が必要です。

取引所で買ったビットコインを自分のウォレットへ入れる為に受取りアドレスを取引所へ伝えます。取引所では個人情報と受取りアドレスがセットで登録されているので、

万が一取引所のデーターが漏れてしまった場合、取引所に登録している受取りアドレスを後に他の取引で使い回していたとしたら個人がどんな取引をしたのか紐解いていく事が出来てしまいます。

なので、同じアドレスを使い回す事も出来ますが、それはよろしくないという事です。

 

どこも管理していない通貨はやっぱり不安?でもビットコイン価格は上昇中!

そもそもお金というものは信用で成り立っています。
1万円札は実際ただの紙切れですよね。しかも1万円札の原価は約23円ですΣ(゚Д゚ノ)ノ
けれど皆が1万円分の価値があると信用しているから1万円なんです。

ビットコインも誕生した当初は1BTC=10円にも満たないものでした。けれど今では1BTC=100万円以上です!(2017年12月3日現在)

 

SCAM「この価格上昇を見てまだ仮想通貨界に参入しないなんてあり得ないですよね!」

・・・っと、なんかSCAM的な解説になっちゃっていますが(笑)

注意こいったスキャマーの変な煽りにはご注意ください。

じろう先生

スキャムは別として、利用する人が増加して信用が生まれた証拠に価値が上がっていっているってことは事実だね。

 

ビットコインの価値をチェック!チェック!

ところで、今現在の価格はいくらなの?を確認したいときは、確認場所はいろいろありますが

例えばBitcoin日本語情報サイトで確認してみましょう。
(↓クリックすると別ページで開きます)

 

以上、ビットコインについて大枠は掴めたでしょうか?

ビットコインに触れてみたいという方は続けて下記もご欄下さい(*゚▽゚)ノ
↓↓↓↓↓

 

ビットコインを手に入れる方法

『私もビットコインを持っておきたい!』とお考えの方は
まずは国内の取引所に口座を開設しましょう!そうすれば「日本円」で仮想通貨を購入することができます。

あわせて読みたい
仮想通貨【投資】ビットコインを手に入れたいならまずここを読もう!購入方法は簡単【図解】取引所(コインチェック)の無料口座開設で今日中に購入可能仮想通貨【投資】ビットコインを手に入れたいならまずここを読もう!購入方法は簡単【図解】取引所(コインチェック)の無料口座開設で今日中に購入可能
仮想通貨【投資】ビットコインを手に入れたいならまずここを読もう!購入方法は簡単【図解】取引所(コインチェック)の無料口座開設で今日中に購入可能仮想通貨を日本円で手に入れるためには取引所に口座開設が必要です。万が一ハッカーに通貨を盗まれた時の補償がある日本国内の取引所コインチェックでの登録がおすすめです。初心者の方が通貨を手に入れるまでの流れ、購入するまでどのくらいの期間が必要なのか画像をふまえて分かりやすく説明します。...

 

口座開設方法はとっても簡単です。
初心者の方にはコインチェクがおすすめです。

↓口座開設で今なら最大5,000円キャッシュバック↓
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

詳しい口座開設の手順はこちらの記事をご覧下さい↓

あわせて読みたい
「仮想通貨を今日買いたい!」購入するにはまずcoincheck(コインチェック)で無料口座開設しましょう!その手順を分かり易く【図解】します。
「仮想通貨を今日買いたい!」購入するにはまずcoincheck(コインチェック)で無料口座開設しましょう!その手順を分かり易く【図解】します。初めて「仮想通貨ビットコインを買いたい!」と思ったあなた!購入するにはまずオススメの仮想通貨の取引所に無料で口座開設をしましょう!口座開設し日本円を入金すれば「円」でビットコインを簡単に購入することができます。初心者にも分かり易く口座開設の手順を【図解】説明します。コインチェックではビットコイン以外の将来が期待できる通貨も数多く購入することが可能です。...

 

ウォレット(財布)を作ろう

取引所で購入したビットコインは忘れずにウォレットへ移して保管するようにしましょう。

いつか話題になったマウントゴックス社破綻のニュースはご存知ですか?
利用者がマウントゴックスに保管していたビットコインが消失したことで大きなニュースになりました。
この事件でビットコインは“信用できない危険な物”だと世間では印象づいてしまいましたが、マウントゴックス社は数ある取引所(両替所)の一つです。

ですからそういう教訓も踏まえて、取引所は暗号通貨の売買をするための場所と把握しウォレットで保管することが重要です。

 

PCやスマホにウォレットを作る方法はこちらの記事をご覧下さい↓

あわせて読みたい
ウォレット(財布)の作り方 blockchain.info編
ウォレット(財布)の作り方 blockchain.info編 ウォレットには様々な種類がありますが大きく分けるとネット環境下のオンライン型とそうでないオフライン型があります。PCに保管する方...

 

この記事が少しでもお役に立てば幸いです(*゚▽゚)ノ

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で