仮想通貨セキュリティ対策

仮想通貨のパスワードを暗号化して保存!【暗号化ソフト「Boxcryptor」の無料の使い方】リスク管理&セキュリティ対策は万全に!

仮想通貨のパスワードを暗号化して保存!【暗号化ソフト「Boxcryptor」の無料の使い方】リスク管理&セキュリティ対策は万全に!

暗号化するってどういうこと?

ファルダやデータを暗号化すると、自分以外の人には簡単にデーターを見ることができないようにセキュリティ強化することができます。暗号化した本人でしかデーターにアクセスできなくなるという仕組みです。

私は仮想通貨に関する大事なデーターをクラウド上に保管するときには暗号化してリスク管理しています。

あわせて読みたい
仮想通貨資産を守る「私のリスク管理&セキュリティ対策法」まずは無料「1Password」でパスワード強化から見直そう!
仮想通貨資産を守る「私のリスク管理&セキュリティ対策法」まずは無料「1Password」でパスワード強化から見直そう!【図解】あなたのリスク管理やセキュリティ対策は万全ですか?まずはハッキングされないように「1Password」でパスワードを簡単に最強レベルに変更しましょう!私のリスク管理&セキュリティ対策を「見える化」します。...

暗号化しているのは赤○部分↓私の仮想通貨資産を守るリスク管理&セキュリティ対策 暗号化

私の仮想通貨セキュリティ対策一覧

大事なデーターをクラウド上へ保管する場合は暗号化してセキュリティ対策をしておきましょう。暗号化することでこのファイルは三重のセキュリティになっています。(Dropboxパスワード+Dropbox二段階認証+Boxcryptorパスワード)


スポンサーリンク

暗号化ソフト「Boxcryptor(ボックスクリプター)」

暗号化するときに便利なソフトが「Boxcryptor(ボックスクリプター)」
Boxcryptorはクラウドストレージをより安全に利用するための暗号化ソフトです。

 

キラネコ
キラネコ
 1つのクラウドストレージだけの利用ならBoxcryptorは無料で使えるニャン 
ばんちゃこ
ばんちゃこ
「Boxcryptor」はマナさんのこちらの記事で知ることができたよ。(ありがとうございます♪) 

Dropboxが不正アクセスされたとしても暗号化したデーターを開くことはできないので更に安全性が高まります。(もちろんDropboxの二段階認証設定は必須です!)

※ちなみにBoxcryptorの二段階認証の機能は会社として登録し$8/月支払わなければ設定できません(ノ_・。)ザンネン

Boxcryptorを使用する際の注意点

Boxcryptorを使用する際のデメリットとして、Boxcryptorのパスワードがハッキングされてしまうと暗号化したデーターは盗み見られてしまうことです。なのでBoxcryptorのパスワードは「1Password」を使用して英数字大文字記号入りの推測しにくいものにしておく必要があります。

キラネコ
キラネコ
 パスワードの作成には「1Password」ツールがおすすめだニャン(=´▽`=) 

また、Boxcryptorのパスワードを忘れてしまうと暗号化したデーターは永遠に開けなくなってしまいます。絶対なくさないように管理して下さい!!(。>0<。)

Boxcryptorを利用するにはアカウントを作成してパソコンへインストールする必要があります。10分もあればOK。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 私みたいにパソコンに疎い方でも分かり易いようにまとめています(*゚▽゚)ノ 

では、手順に沿ってやっていきましょう!

まずはBoxcryptorの公式サイトでアカウントを作成

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 サイトは英語オンリーだけど手順も使い方も簡単だよ。 
キラネコ
キラネコ
 英語に抵抗があるならGoogle Chromeで開いて日本語化してアカウント作成するにゃん 

 

まずはBoxcryptorの公式サイトを開いてアカウントを登録していきます
公式サイト→https://www.boxcryptor.com/en/

 

「CREATE ACCOUNT」をクリックして
名前、メールアドレス、任意のパスワードを入力し「PROCEED」をクリック

「CREATE ACCOUNT」をクリックして名前、メールアドレス、任意のパスワードを入力

 

 

“パスワード忘れたら永久にデーターにアクセスできなくなるけど本当にOK?”の確認です
同意できるならチェックを入れて「CREATE ACCOUNT」をクリック

すると登録したメールアドレスに通知が届きます。

 

Boxcryptorからのメールを開いて
「VERIFY YOUR EMAIL ADDRESS」をクリックしサインアップを完了させます

Boxcryptorから届いたメール

 

Boxcryptorは1つのクラウドプロバイダ(例えばDropbox1つ)なら無料で利用できます。

「I WANT TO STAY WITH THE FREE PLAN.」をクリック
これを選択すると無料で利用できるようになります
(2つのクラウド利用なら年間48ドルです)

Boxcryptorのライセンス選択画面

 

実は私はこの時点でメールをまだ確認していなかったので上部に注意書きが出ていました。メール確認はお忘れなく!

確認メールを送信しました。 あなたのアカウントはまだ確認されていません。の注意書きがでているアカウント画面

 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 ↑Account TypeがちゃんとFree(無料)になってるのが確認できますね! 

 

これでアカウント登録は終わり!

 

続けてソフトをインストールしましょう!

Boxcryptorのインストール手順

マイアカウントの青い「ダウンロード」ボタンをクリックします。
(Windows以外の方はボタン下の「Download for another platform」をクリックして対応OSを選んで下さい)

マイアカウントの青い「ダウンロード」ボタン。 Windows以外の方はボタン下の「Download for another platform」文字をクリック

 

「Boxcryptor_v2.22.706_Setup.msi」をダブルクリック

フォルダ中の「Boxcryptor_v2.22.706_Setup.msi」ファイル

 

「Next」をクリック

インストール画面「Next」をクリック

 

チェックを入れて「Next」をクリック

インストールの規約内容

 

チェックを入れて「Next」をクリック

規約内容

 

Boxcryptorの更なる改善のために使用情報を匿名で提供するかどうか聞いてきます。
「Yes」か「No」どちらでもOK、選択して「Next」をクリック

使用情報を匿名で提供するかどうか

 

「Next」をクリック
(保存先を変更したければ「Change…」から変更を)

データーの保存先指定

 

「Next」をクリック

インストールについての最後の注意喚起

 

「Install」をクリック

Install最後の画面

 

“セットアップを完了するために再起動が必要です”と表示されます
「OK」か「Cancel」どちらかをクリック

(「OK」をクリックしても自動で再起動はされませんでした)

 

インストールが始まります

インストール中の画面

 

「finish」をクリック

インストール完了の画面

 

これでインストールは完了です!

 

するとサインイン画面が出てきます

インストールが終わったらアカウントにサインインしよう!

登録したメールアドレスを入力して「NEXT」をクリック

サインインのメールアドレス入力画面

 

パスワードを入力して「SIGN IN」をクリック

 

 

すると使用説明画面が出てきます。「→」を進めると使い方をみることができます
必要ないなら右上の「×」をクリックして閉じちゃってOK

使用説明画面

 

マイコンピューターに仮想ドライブBoxcryptorが作成されました。

ドライブにDropboxが入っている状態

私はBoxcryptorドライブの中にDropboxが既に反映されていました。普段使用しているクラウドストレージがDropboxだったので自動で認識されたのかな?

このBoxcryptorドライブを介して、Dropboxフォルダ中のファイルやデーターを暗号化することができます。

キラネコ
キラネコ
 これで今からソフトを使えるニャン! 

 

ちなみに、Boxcryptorを開いている間はこの↓チュートリアルが進行状況を教えてくれます。
(必要ないなら下の「Do not show tutorial again.」にチェックを入れると次回から出てこなくなります。)

Boxcryptorのチュートリアル

 

 

私はBoxcryptorドライブの中にDropboxが自動で反映されていたけれど・・・

もしBoxcryptorドライブ内に使いたいクラウドのフォルダが入っていなかったら?

Boxcryptorドライブを右クリック→「Boxcryptor」→「Settings」をクリック

BoxcryptorのSettings画面

 

「Add」をクリックして、「Locations」で使いたいクラウドを追加します
そして左側にチェックを入れたクラウドが暗号化できます(無料版は1つのみ)

BoxcryptorのSettings、クラウド編集画面


スポンサーリンク

続いて、Boxcryptorの使い方を解説します。

ファイルやデーターを暗号化する方法

Boxcryptorソフトを使えば、Boxcryptorドライブの「Dropbox」フォルダの中に入っているフォルダやデーターを暗号化することができます。

⚠暗号化するファイル名・データー名に日本語は使用しないようにご注意を!

使い方は簡単です。

Boxcryptorドライブを開き・・・

「スタート」からプログラムを起動

 

①暗号化したいデーター上で右クリック
②「Boxcryptor」をクリック
③「Encrypt」をクリック

Boxcryptorの暗号化する手順①~③

この3ステップで簡単に暗号化できます。

暗号化する前と暗号化成功のファイルのマークの違い

3秒で完了!成功すると「鍵マーク」に変わります。

 

暗号化Boxcryptor アイコンのマーク(絵柄)での意味を解説

 

クラウド上ではこういう「.bc」ファイルになって、開けなくなります。

Dropboxで見た暗号化データーの表示

 

暗号化を解除する方法

①暗号化したいデーター上で右クリック
②「Boxcryptor」をクリック
③「Decrypt」をクリック

Boxcryptorの暗号化を解除する手順①~③

 

④「Yes」をクリック

暗号化解除をします!に承諾「Yes」

この4ステップで暗号化を解除できます。

 

暗号化したデーターを開きたい時は?

Boxcryptorドライブの「Dropbox」から、データーのダブルクリックで開きます。

Boxcryptorにログインしている状態なら暗号化したデーターに簡単にアクセスできます。ただ、パソコンを開いている間、暗号化したデーターに常にアクセスできる状態では若干心配です(・´ω`・)
なので私は2つの対策をしています。

  1. 起動の際にパスワードを求めるように設定
  2. 使用しないときはログアウト

起動の際にパスワードを求めるように設定する方法

Boxcryptorドライブを右クリック→「Boxcryptor」→「Settings」をクリック

BoxcryptorのSettings画面

 

「Security」を開いて「Password Protection」にチェックを入れます

Boxcryptorのセキュリティ設定画面

これでBoxcryptorを起動する際にパスワードの入力を求められるように設定できます。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 ちなみに「PIN Protection」にチェックを入れた場合は、パスワードの代わりに新しく設定するPINコードを入力することになります。PINコードを短い数字等にしておいて簡単にログインしたい方にはいいのかなと思います。私はセキュリティを優先してパスワードを採用しています。 

ログアウトの手順

①隠れているインジケーターを表示します
②Boxcryptorを右クリック
③「Exit」をクリック

Boxcryptorのログアウトするときの手順画像

これでログアウトできます。

 

キラネコ
キラネコ
 Boxcryptorにログインしてなければ自分のパソコンでも暗号化したデーターは開けることができないからセキュリティ強化になるニャン(=´▽`=) 

 

あわせて読みたい
仮想通貨資産を守る「私のリスク管理&セキュリティ対策法」まずは無料「1Password」でパスワード強化から見直そう!
仮想通貨資産を守る「私のリスク管理&セキュリティ対策法」まずは無料「1Password」でパスワード強化から見直そう!【図解】あなたのリスク管理やセキュリティ対策は万全ですか?まずはハッキングされないように「1Password」でパスワードを簡単に最強レベルに変更しましょう!私のリスク管理&セキュリティ対策を「見える化」します。...