ブログ運営

【STEP6】ローカル環境WordPressが動作するようURLを調整~wordpressのテーマ変更をする手順~

【STEP6】ローカル環境WordPressが動作するようURLを調整~wordpressのテーマ変更をする手順~

このページではローカル環境を利用しテーマ変更をする手順全7ステップ中の【STEP6】を解説しています。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 テーマ変更のために、既存サイトの内容をローカル環境でカスタマイズし、その後本番環境へ移行(元に戻す)するまでの手順を初心者の方にも分かりやすくレポートしていきます(*´∇`*)/ 
キラネコ
キラネコ
 【STEP1】~【STEP5】がまだの方はまず「Local by Flywheel」でローカル環境を作成して、本番環境のデータベースをローカル環境へ取り込んでくださいニャン 

 

本番環境のデーターをローカル環境へコピーし、テーマ変更(カスタマイズ)できる状態にするまでは全7ステップで完了します。

この記事では、
【STEP6】ローカル環境WordPressが動作するようURLを調整する方法を解説しています。


スポンサーリンク

使用環境

  • Windows10
  • xserver(エックスサーバー)
  • wordpress
  • Local by Flywheel ←今回の作業で必要になる「ローカル環境wordpress」を作成できるソフト

ローカル環境WordPressが動作するようURLを調整

今の状態ではローカル環境のデータベース内のURLは本番環境URLになったままです。Local by Flywheelソフトで設定しているURLと一致させることでローカル環境wordpressを正しく起動させることができます。

「Local by Flywheel」を開いて、

  1. 「DATABASE」をクリック
  2. 「ADMINER」をクリック
    STOP SITEになっていないとADMINERは開かない
  3. 【STEP3】で設定したデータベース名を選択
  4. 「wp_options」をクリック
  5. 「データ」をクリック
  6. 「siteurl」と「home」の「編集」をクリック
  7. 「Local by Flywheel」ソフトのSaite Domainで設定させているURLに変更する
  8. 保存をクリック
ローカル環境WordPressが動作するようADMINER内でURLを調整する方法①から⑧の手順を図解

 

これでURLの調整は完了です!!

wordpressにログインできるか確認してみましょう。

ローカル環境WordPressへログインできるか確認

Local by Flywheelの管理画面の「ADMIN」をクリックすると、WordPressのログイン画面が表示されます。ログインして、既存サイトの記事が表示されるか確認します。

無事にログインできたならおめどとうございます!

記事を表示させるとこのようにローカル環境のURLになっていると思います。

 

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 ただ、このままだと記事内の内部リンクをクリックすると既存ブログの本番環境URLへ飛んでしまうよ。ダッシュボードの左上のサイト名をクリックし開いて記事内のどこでもいいから内部リンクにアクセスしてみて。 
キラネコ
キラネコ
 内部リンクURLを確認したら「demosite1」じゃなくなってるニャン(≡д≡) 

 

なので、サイト(ブログ)をローカル環境で完全構築するには全URLをローカル環境URLに一括置換する必要があります。

その手順は次の記事で解説しています!

あわせて読みたい
【STEP7】ローカル環境WordPress内のURLを一括置換~wordpressのテーマ変更をする手順~
【STEP7】ローカル環境WordPress内のURLを一括置換~wordpressのテーマ変更をする手順~ローカル環境wordpressの構築が終わってもサイトの内部リンク(画像リンク含む)は本番環境のURLのままなのでサイト内のURLを変更する必要があります。プラグイン「Search Regex」を使用してURLを一括変更する方法を初心者の方にも分かり易く図解しています。...

URLの一括置換が終われば、いよいよローカル環境内で無料テーマ「Stinger Plus」から「JIN」へテーマ変更する準備は完了です!