ブログ運営

wordpressテーマを既存サイトで変更する方法!【安全な王道手順】

wordpressテーマを既存サイトで変更する方法!【安全な王道手順】

wordpressはテーマを「有効化」ボタン一つで手軽にデザイン変更できるところが良いですよね。しかし、ある程度カスタマイズを施している既存サイト(ブログ)を新しいテーマへいきなり変更してしまうのは不安じゃないですか?

実はそれ、本当にヤバイ行為なんです。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
どうしてヤバイかって?それはテーマ独自の機能があることが主に原因なんだよね。 
キラネコ
キラネコ
そだね。テーマを変える時の注意点を確認してみるにゃん。 
  • 新しいテーマに変更するとサイトやレイアウトが崩れる可能性大
  • 今まで使用していたテーマのカスタマイズの反映をし忘れると手を加えていた部分が消えてしまう
  • 変更中、訪問者に未完成なサイトを公開することになる
  • サイトの運営期間が長いほど新テーマに変更した後のカスタマイズの時間が必要
  • そのため、カスタマイズ中の収益が低下する



では、上記の注意点を心配することなく安全にテーマ変更する方法をご紹介します。

 

ローカル環境wordpressでまずはテーマ変更を反映させる

まずはローカル環境(テストサイト)でテーマ変更を試す必要があります。

ローカルな自分のパソコン上で別のwordpress環境を作って、

まずはその中で複製したサイトに、新テーマを反映させるという方法です。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 初めてのことでややこしく感じるかもしれませんが簡単ですよ。 

テーマ変更して問題なければその状態のデーターを既存サイトへ上書きしてリニューアルしてしまえばいいだけです。

これは王道の一般的な方法になります。

 

ローカル環境でテーマ変更する手順は全7ステップで完了します。

この方法ならサイト(ブログ)収益にもほとんど影響することはありませんから安心できますね。

そのためにローカル環境のwordpressを作成するソフト(日本語版対応)「Local by Flywheel」を使用しています。「Instant WP(WordPress)」ソフトと比較しても複数のサイトを作成&管理することができるので、今は「Local by Flywheel」の方が主流のようです。
※windows、macにも対応していています

ばんちゃこ
ばんちゃこ
なかなか纏まって解説されているサイトが無かったので、ここでは誰でも簡単にテーマ変更することができるよう手順を動画と図解で詳しくご紹介します。

手順通りにすれば初心者の方でも悩む事無くスムーズにテーマ変更ができますよ! 



次に本番環境へデーター移行して全行程は完了!

ステップ1~7の手順が終われば、ローカル環境でカスタマイズをし、ネットへ公開している既存サイト(本番環境)へデーターを移行(書き換え)します。

あわせて読みたい
ローカル環境wordpressから本番環境へデーター移行する方法 ~既存サイトのテーマ変更をする手順~
ローカル環境wordpressから本番環境へデーター移行する方法 ~既存サイトのテーマ変更をする手順~ローカル環境から本番環境(既存サイト)へカスタマイズしたデーターを移行する手順を初心者の方にも分かりやすく【図解】しています。私はこの方法で無料テーマ「Stinger Plus」から有料テーマ「JIN」へ変更することに成功しました!...

カスタマイズはローカル環境でしているため、最終的なテーマの引越し時間はほとんどがデーターの移動時間だけです。

ばんちゃこ
ばんちゃこ
転送するサイトのデーター容量で時間は変わってくるけど私の場合は30分もかからず完了したよ。 
キラネコ
キラネコ
 テーマ変更後のデーター移行をなるべく訪問者が少ない深夜の時間帯ですれば更に万全だにゃん☆ 



新テーマ反映後に再設定する必要があるカスタマイズとは?

上記のステップ1~7を終わらせた後には新テーマに合わせて多少カスタマイズの時間が必要です。

なぜカスタマイズが必要かというと、下記のように再設定が必要な項目がいくつかあるからです。

  • 相性が悪く使用できないプラグインが出てくる
  • 前テーマの独自機能に注意!特に有料テーマを使用していた場合は便利な独自機能が多数あるはずなので、テーマ独自のショートコードも使用できなくなる
  • Googleアナリティクスのトラッキングコードを再設定
  • 「テーマ編集」部分のcssやphpのデーターが切り替わる
  • メニュー・ヘッダー・フッターの再設定が必要
  • ウィジット(サイドバー)がリセットされる(消える訳ではなく使用停止中のウィジットへ移動)
  • アイキャッチ画像のリサイズ(テーマによって最適な画像サイズは異なる)

これだけの内容をチェックして新テーマに合うように再設定するとなるとサイトの運営期間が長いほど作業量も多くなってきます。

なので、公開している既存サイトを一瞬で新テーマに対応させるにはステップ1~7を終わらせた後で「ローカル環境でカスタマイズしてからデーターをアップする方法」が最適だということです。

キラネコ
キラネコ
 もちろンデータ移行の前にはバックアップも必要だにゃん。 



まとめ

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 今までは無料テーマ「stinger plus」を使用して自分なりにカスタマイズを施していたので正直、テーマを変更してしまうと何かしら不具合が出るんじゃないかと不安でした。

でも、ここで紹介している手順通りにしたことで問題なくテーマ変更できましたよ! 

実際、テーマ変更中のカスタマイズだけは意外とやること多くて面倒くさくなるかもしれません。

けれど、お気に入りの新しいテーマに変更したことでブログへのモチベーションも更にアップするはずです!

ばんちゃこ
ばんちゃこ
 テーマを変更してから、今月はアドセンス収益だけでも既に2倍になってるよ!これも有料テーマ「JIN」へ変更したことで読者の滞在率や回遊率が上がったおかげだと思うんだよね。 
キラネコ
キラネコ
おぉぉ!それは良かったにゃん☆ 

繰り返しになりますが、ローカル環境を利用することで、カスタマイズ中のサイトの収益低下を気にすることなくテーマ変更できますよ!