ウォレット(財布)の作り方 blockchain.info編

2017/12/17

仮想通貨の受取りや送金にはウォレットが必要です。
ウォレットには様々な種類がありますが大きく分けるとネット環境下のオンライン型とそうでないオフライン型があります。PCに保管する方法もありますが、これもネットに繋がっていないオフライン環境下の保管がセキュリティー面で安心です。

この中でオンライン型のウォレットがいつも使用しているお財布に一番近いものと言えるでしょう。スマホにインストールすると外出時の気軽な買い物に使用できます

失ったら困る額まで増えた時にはオフライン型のハードウェアウォレットを後々購入して下さい。

私がおすすめするオンライン型ウォレットは「BLOCKCHAIN.info」です。日本語対応で世界で最も利用者が多いウォレットです。
メールアドレスさえあれば簡単に作成出来ます。

 


スポンサーリンク

 

インストール手順

公式サイトへアクセスし「ウォレットを作成」をクリックして下さい。

blockchain.infoの公式サイトウォレットTOP画面

 

①Eメールを入力
②任意のパスワードを入力
③パスワードを入力していくとセキュリティーレベルがWEAK → RECULAR → NORMAL → STRONG(緑色)へと変化します。STRONGになる様な文字にして下さい。英数字を混ぜると短い文字数でもSTRONGに達します。
④パスワードの確認のため②と同じ文字を入力
⑤「利用規約を読了し、同意します」にチェック
blockchainメールアドレスとパスワード入力画面

「続行」をクリック。

さあ、ここから初期設定です。

 

blockchainウォレットの初期設定スタート

「セキュリティセンター」をクリックするか or
「始める」をクリックして、下の画像の左のメニューから「セキュリティセンター」のページを開きます。
ウォレットを使用する前にセキュリティを強固にしておく事が必須です!

blockchainウォレットのセキュリティ設定はレベル3段階まであります。

レベル1 メールアドレスの認証

blockchainトップ画面

ウォレットを開いたまま何も操作せず数分間放置していると自動的にログアウトしてログイン画面が開くことがあります。その際はパスワードを入力し再度ログインして下さい。

先ほど入力したメールアドレスへBlockchain.infoからこのような↓メールが届いているはずです。
「はい、これが私のメールです」をクリックし、メールアドレスを認証します。

blockchain.infoからのメールを確認

もし、メールが届いていない場合は「認証メールを再送信」もしくは「変更」をクリック
認証メールが届いていないときにクリックするリンク

メールアドレスが正しく認証されれば “メールアドレス認証済み” と表示されます。

レベル1 バックアップセキュリティフレーズの設定

続いて「バックアップフレーズ」をクリック
バックアップフレーズの設定開始

 

パスワードを入力し、「送信」をクリック
パスワードを送信

 

「リカバリーシートを印刷」をクリックし、シートを印刷した後、「次のステップ」をクリック

リカバリーシートを印刷

 

※「リカバリーシートを印刷」をクリックすると下画像のようなセキュリティに必要な12個のフレーズを分かりやすく書きとめておける用紙が印刷できます。1番から12番までの番号とフレーズをセットで書き留めておければOKなので、この用紙が必要ない方は印刷不要です。
リカバリーシート

 

1番目から順に英単語フレーズが表示されます。
リカバリーフレーズを番号とセットで書きとめていって下さい。

1番目から4番目まで書きとめ終わったら「次の4つの単語→」をクリック。すると5番目からのフレーズ表示画面へ変わっていきます。

12番目まで書きとめ終わったら、「最後のステップ」をクリック
リカバリーフレーズが表示

 

先ほど書きとめた番号に合うフレーズを4つ入力し「終了」をクリック

リカバリーフレーズの入力画面

フレーズが正しく入力されていれば “リカバリーフレーズをバックアップしました” と表示されます。
「閉じる」をクリック

リカバリーフレーズのバックアップが完了

 

レベル1 パスワードヒントの作成

続いて、パスワードヒントの作成をします。任意の英数字を入力して下さい。日本語は入力できません。
※ヒントって言うくらいだから、もしや先ほど設定したパスワードに関連した言葉じゃないといけないのかな?(・・;)と一瞬私は思ってしまったんですが必ずしもそうする必要はありません(笑)

パスワードヒントの作成

ヒントを入力して「保存」をクリック。

 

レベル2 2段階認証を2つの方法から選択できます

  • 1つ目は携帯電話での認証
    「携帯電話番号をリンクする」をクリック
  • 2つ目はGoogle認証システムまたはYubikeyを使用しての認証
    「2段階認証を有効にする」をクリック

私は携帯電話での認証を選びました。
なので「携帯電話番号をリンクする」をクリック

レベル2 携帯電話番号をリンクする

+81の後に電話番号をハイフン無しで入力
「保存」をクリック

リンクさせる携帯電話番号を入力

 

携帯電話に届いたメールを開き、使い捨てパスワードを入力。
「認証」をクリック

使い捨てパスワードを入力

 

レベル2 2段階認証を有効にする

「有効にする」をクリック

携帯電話での2段階認証を有効

 

すると「Google認証システムまたはYubikeyを使用」か「携帯電話番号」のどちらかを選択する画面がでてきます。
スクリーンショットを撮り忘れ画像がありません (o*。_。)oスミマセヌ

私は携帯電話番号での認証を選択。
「√2段階が有効です」にチェックが入りました。

2段階認証が完了

これで2段階認証の設定は終わりです。

レベル3 Torリクエストをブロック

「Torリクエストをブロック」をクリック
「フロック」をクリック

Torリクエストをブロック

 

「√Torがブロックされました」

Torリクエストをブロックを有効

これでセキュリティー設定はOKです。

セキュリティ設定が完了すればウォレットは安全に使用できます。

 

素敵な暗号通貨ライフを♪

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

-暗号通貨(仮想通貨)